ホームページの場所を引っ越しました。 今後は こちらhttp://hsj.goodword.jp/) でよろしくお願いします。
新サイトでのこのページ

True Image で 引越し / True Image 使い方 / Crucial の SSD / EaseUS Todo Backup / Ver5.6での説明 / Ver 7.0 の説明 / WinPEの作り方 / システムバックアップ
ホームへ戻る

EaseUS Todo Backup の使い方

 EaseUS Todo Backup もバージョンアップを重ねて更に便利なソフトになりましたね。 ということで、簡単に使い方を書いてみました。 ちなみに最新版は Windows 8 にも対応しています。

 ver5.6での説明はこちら。  ver7.0以降での説明はこちら です。

用意するもの
EaseUS Todo Backup
・新しいHDD、SSD など
外付け2.5inchHDDケース (Inateck 2.5インチ HDD外付けケース USB 3.0 ケースなんかもよさそうですね)
・CD-R,CD-RWなど
  書き込みしたあと、そこから起動できるメディア(最近はUSB Flash からの起動も可能なパソコンがあるんですね)
 今回はCD-R (または RW) から起動してクローンする方法を紹介します。
Windows上からのクローン方法はこちらで紹介しています。

 EaseUS Todo Backup をパソコンにインストール。 起動します。
easeus-todo-01.jpg(24237 byte)


easeus-todo-02.jpg(24941 byte) easeus todo backup version 4.0 bootable disk

 右上のタブ [Tools] をクリックして、[Bootable media builder] をクリック

[Create bootable disk] の項目から、[CD/DVD] を選択、右下のProceedをクリック。
easeus-todo-03.jpg(30130 byte)

USB Flash から起動できるパソコンをお持ちの方は [USB] のほうが速くてラクだと思います。

CD/DVDだと3分くらい、USBだと数十秒で bootable disk (起動ディスク)の作成が完了します。

あとは パソコン自体の起動時のBIOS設定で、CD/DVDドライブを選択して、CDからパソコンを起動させます(Flashの場合はCDのところをFlashに読み替えて)。

以降は、Windows上からのクローン方法と同じ手順になります。

easeus-02.jpg(37808 byte)


 [Home] の項目から [Disk clone] をクリックして、[source disk] を選択して [Next] をクリック。

easeus-03.jpg(37838 byte)

 destination disk を選択、クローン後のディスクの使用領域などを各自調整するなどして、SSDへのクローンの場合は [Optimize for SSD] のチェックを入れて [Next] をクリック

 あとは待つだけ。

 

 ちなみに、Optimize for SSD の オンライン・ヘルプによる解説(by http://www.todo-backup.com/)
If the destination disk is SSD, ticking the box Optimize for SSD will ensure sector alignment in the process, and the chance of successfully booting from the SSD after recovery will be increased.
(クローン先のドライブがSSDの場合、[Optimize for SSD] にチェックを入れておくと [disk alignment : ディスクの配置] を確実にし、SSDからの起動の確実性が高まります)
とのことなので、SSDの人はここのチェックを入れておくといいと思います (自分もチェックを入れてクローンしました)。
disk alignment がうまくいかないとパフォーマンスの低下を起こすこともあります。

 作業は簡単ですよね。 外付けHDDケースなどの転送速度によると思いますが、約1時間から2時間半もすればクローンは終了すると思われます。 あとは内蔵のHDDと入れ替えれば新しい環境ですっ。


・これからSSDに移行しようと思っている場合 2015
 最近さらに安くなってますね、SSD。 3年保証のTranscend の 256GB SSD(リニューアルされたようです) と USB3.0 ケーブル でクローンして換装すればリーズナブル! (自分が当時 128GB を 25,000円で買った頃とは大違いです)。
 Transcendのサイトには専用のシステムドライブ・クローンができるソフトも用意されているようです。
 かなりお手頃価格になりつつあるので、長く使うことを考えるとより大きな容量のSSDは良い選択になると思います。



・IntelのSSDの場合
 ホームページから専用の移行ツール (MigrateEasy) をダウンロードすることができます。
 「Retail Box」 にはあらかじめ外付けUSBケーブルが付属しているようですね。 要らない場合は 「Reseller Box」 でイイと思います。


 EaseUS Todo Backup ver 5.5 以降では、日本語に対応してくれたようです。

 ver5.6での説明も書いてみました。

2015.03.19現在 最新版は Ver8.2 のようです。
 すでに8.2よりも前のバージョンをインストールしている場合「EaseUS Todo Backup」を起動するとアップデートを促されます。 その指示に従えばカンタンにバージョンアップ可能です。

 

True Image で 引越し / True Image 使い方 / Crucial の SSD / EaseUS Todo Backup / Ver5.6での説明 / Ver 7.0 の説明 / WinPEの作り方 / システムバックアップ
ホームへ戻る





EaseUS Todo Backup の使い方




 Lenovoでは 9月10日まで <Windows10搭載機が 40%OFF> など Web広告限定特別クーポン配布中